思春期ニキビとの違いを知る

ニキビは思春期ニキビといわれるくらいだから、思春期が過ぎたら無くなるだろうと思っていたのに、大人になってからもニキビが出来てしまったということで悩んでいる人もたくさんいると思います。

たしかにニキビは思春期ニキビと言われるように、思春期に出来るもので、思春期が過ぎるとほとんどの人はニキビが消えていきます。しかし、大人になってからもニキビで悩んでいる人はたくさんいます。

この大人になってからできるニキビは大人ニキビと呼ばれていて、思春期ニキビとは別のものなのです。よって、思春期ニキビと同じと思っていて、思春期ニキビと同じようなケアをしていては、ニキビはなかなか改善することが出来ないということになります。

では、大人ニキビと思春期ニキビとでは何が違うのかということになりますが、ニキビが出来る原因も全く違います。思春期ニキビの場合は、思春期に成長期に伴って体内のホルモンが変化することが原因となるため、思春期が過ぎるとニキビも消えていきます。

しかし、大人ニキビの場合は、同じくホルモンバランスの乱れが原因の一つとなりますが、ホルモンバランスの乱れの原因は食生活の乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因となっているのです。

また、これらの原因は肌のターンオーバーの機能も低下させることにつながり、大人ニキビの大きな原因となります。よって、これらを改善していくためには、ニキビケアをしていくと共に、原因となる様々なものを改善していくことが必要になってくるのです。