アクネ菌とはどのような菌

現在、大人ニキビで悩んでいる人はアクネ菌という菌をご存知でしょうか。アクネ菌は大人ニキビの原因であると言われているので、大人ニキビで悩んでいる人であれば聞いたことがある人も多いと思います。

しかし、アクネ菌について間違った知識を持っている人やあまり詳しくないという人はたくさんいると思います。

まず、アクネ菌というのは、誰の身体にもいて、身体の至るところに存在する常在菌であることをご存知でしょうか。大人ニキビが出来ていない人にはアクネ菌は存在していなくて、悩んでいる人にだけ存在する菌だと思っている人もいると思いますが、どのような人にもアクネ菌は在中しているのです。

この事実を初めて知った人は、ニキビの原因になるアクネ菌を全て除去したいと思うかもしれませんが、このアクネ菌というのは、必ずしも悪い菌というわけではありません。肌のphの調節を行うという大切な働きも持っているのです。

では、誰にでも常在しているアクネ菌なのに、大人ニキビが出来る人と出来ないとでは何が違うのと疑問に思う人もいると思いますが、ニキビが出来る人は、アクネ菌を活性化させる環境をつくってしまっているのです。

アクネ菌は皮脂が大好物なので、毛穴に皮脂がたまっている状態を放置していると、アクネ菌が集まってきて餌にしてどんどん活性化してしまうのです。その結果、活性化したアクネ菌が脂肪酸を毛穴に排出して、その脂肪酸が毛穴に詰まって炎症が起きてニキビが出来てしまうのです。